MENU
副業Webライターに役立つノウハウを実践して発信!!

Webライターは誰でもなれるってホント?【向いている人の特徴7つを解説】

アツシ

Webライターって誰でもなれるってホントですか?

じゅん

誰でもなれますよ

アツシ

すぐ稼げるって聞きましたので今日からやりますね!

じゅん

誰でもなれるけど、自分が向いているかどうかは、確認した方がいいですよ!!

  • Webライターは誰でもなれるってホント?
  • どんな人がWebライターに向いているの?
  • Webライターに必要なスキルやモノを知りたい

こんな悩みを解決します。

本記事の内容

  • Webライターは誰でもなれる
  • Webライターに向いている人の特徴7つ
  • 【これだけは必須】Webライターに必要なスキル3つ
  • 【最低限そろえたい】Webライターに必要なモノ3つ

本記事では「Webライターは誰でもなれるってホント?」という疑問にお答えします。

読み終えれば、あなたがWebライターに向いているのかどうかがわかります!

ブログ固定プロフィール2

じゅんのTwitter

この記事は副業Webライターとして最高月収12万円を達成したぼくが

Webライターは誰でもなれるのか」について書いていきます。

目次

Webライターは誰でもなれるってホント?【向き不向きはある?】

アツシ

Webライターはぼくにでもなれますか?

じゅん

なれますよ!

先日友人に「Webライターは誰でもなれるってホント?」と聞かれました。

結論から言うとホントです。

Webライターになるのに、特別な資格はいりません。

「ぼくはWebライターです」と名乗れば、そのときからあなたはWebライターだからです。

ぼくも副業ですが、Webライターになると決めた日から、Webライターを名乗っています。

文章を書くことさえできれば、Webライターには誰でもなれるんです。

Webライターは誰でもなれる

Webライターに向いている人の特徴7つ【誰でもなれるけど向いていない人も】

アツシ

ぼくはWebライターに向いていますか?

じゅん

向いている人の特徴を解説します!

Webライターは誰でもなれますが、向いていない人がいるのも事実。

ここではWebライターに向いている人の特徴7つを解説します。

この特徴にマッチすれば、Webライターに向いている可能性が高いので、挑戦することをおすすめします。

逆に7つの特徴を見て「自分には当てはまらないな」と思う人は、ちょっと厳しいかもしれません。

ただ、特徴とマッチしていなくても、これからトライすれば身につくものばかりなので、チャレンジしてみてください!

Webライターに向いている人には特徴がある

本を読むのが好き

アツシ

本を読むのは好きです!

じゅん

Webライターに向いていますね

本を読むのが好きな人は、Webライターに向いています。

Webライターは誰でもなれますが、勉強は必須。

Webライティングの本、他の人のブログ記事など、いろいろな文章を読んで学ぶ必要があります。

記事のリサーチでも、いろいろな文章を読むことに。

なので、本を読むのが好きな人は、Webライターの仕事を楽しめるので、向いていると言えます。

一方、本を読むのが好きじゃない人は、Webライターを続けるのが嫌になってしまう可能性が高いです。

Webライターの仕事は本や文章を読むことが必須

文章を書くのが苦じゃない

アツシ

ちょっと文章を書くのが苦手です

じゅん

文章を書くのを苦にしない人の方がWebライターに向いていますね

Webライターの仕事は、文章を書くことですので、文章を書くのが苦じゃない人の方が向いています。

ライティング案件はさまざまなものがありますが、その多くが3,000~6,000文字の文章の執筆です。

これを継続していくには、書くことが好きな人でなければ継続できません。

ただ、文章を書くことが”苦手なだけなら”勉強すればいいので、安心してください。

Webライティングを始めて見るとわかりますが、日々自分の成長を感じることができます。

成長を楽しめる人は、今は文章を書くのが苦手でも必ず克服できます!

文章を書くのが好きな人はWebライターに向いている

知らないことは必ずググる

アツシ

なんでGoogle検索が必要なんですか?

じゅん

Webライティングをするのには調査が必要だからです

知らないことは必ずググらないと気が済まないという人は、Webライターに凄く向いています。

なぜなら、Webライターの仕事の半分は、記事のテーマを調査することだからです。

中には実際に取材をして記事を書く案件などもありますが、多くはGoogle検索での調査。

たとえば「家庭菜園におすすめの野菜ランキング」などの記事を書くときに、野菜の情報はネットで調べます。

なので普段から好奇心をもって、なんでもググって調べる癖のある人は、Webライターに向いてます。

Googleで検索するのが生活の一部になっている人は、Webライターの才能が既にあるのです。

Webライターの仕事の半分は、記事テーマの調査

欠点を指摘されても大丈夫

アツシ

なんか注意されるのって気分良くないですよね

じゅん

文章の欠点を指摘されても素直に聞きましょう!

文章の欠点を指摘されても素直に聴く人でないと、Webライターを続けることは難しいです。

Webライターの仕事は、クライアント(依頼主)に満足をしてもらう記事を書くこと。

特に企業案件などは、プロの編集者がいて、初心者ライターの場合は何度も何度も書き直しを言われます。

ここでカチンときて、嫌になってしまう人はWebライターに向いてません。

逆に素直にクライアントの意見を聴ける人は、成長しますし相手の求めるものも少しづつ見えてきます。

そうすると徐々に指摘も減り、Webライターとして信頼を得て稼げるようになっていきます。

文章の欠点を指摘されても素直に聴く人はWebライターとして成長する

待ち合わせに遅れない

アツシ

遅刻魔なんです

じゅん

ライティングの納期はしっかり守ってくださいね!

待ち合わせに遅れない人は、Webライターに向いています。

Webライターとして1番大事なことは、

納期を守ること

だからです。

待ち合わせに遅れる人は、やらなければいけないことを、逆算して待ち合わせ場所に行くことができない人。

あるいは、事前に不測の事態に備えて、早めに行動することをしない人です。

Webライターとして納期を守るというのは、ライティングスキル以前の問題です。

納期から逆算して仕事をこなす、納期より早めに文書を提出することができる人がWebライターに向いています。

納期に遅れないことがWebライターとしての基本

家で作業するのが好き

アツシ

家で作業するのは苦ではないけど…

じゅん

家での作業が好きなどいいですね!

家で作業をするのが好きな人は、Webライターの仕事に向いています。

「あれ?Webライターのいいところは、どこでも仕事ができることのはず!」と思われる人がいるかもしれません。

そのとおりですが、やはり効率を考えると家での仕事がメインになります。

なので、外に出て動きまわる方が好きな人は、Webライターに向いていない可能性があります。

とはいえ、案件によっては出張しての取材ができたり、ノートパソコンならカフェなどでも作業が可能。

家での作業をメインに、たまに気分転換で外で仕事をするなど、柔軟に仕事をしたい人には最適ですね。

家での作業が好きだとWebライターに向いているけど、外でも仕事はできる

ロールプレイングゲームが好き

アツシ

ロールプレイングゲームが何か関係あるんですか?

じゅん

個人的な意見だけど、RPGが好きだとWebライターに向いているんじゃないかな…

ぼくは、ロールプレイングゲーム(RPG)が好きな人はWebライターに向いています。

Webライターを始めると自分がRPGの主人公になって、いろいろな冒険や依頼をこなし、レベルアップしていく感覚を得られます。

案件の報酬で、呪文の書『沈黙のWebライティング』を買ったり、鋼の剣ならぬ、「拡張スクリーンモニター」を装備したり、ちょっとしたことを目標にして楽しめます。

RPGの楽しさは、主人公を成長させたり、武器を集めたりすることを楽しむもの!

それはWebライター初期の感覚と自分はものすごく近いと感じています。

なので、RPGが好きな人はWebライターに向いているはずです。

RPGの楽しさとWebライターの初期の頃の楽しさは一緒

Webライターに必要なスキル3つ【誰でもなれるけど、これだけは必須】

アツシ

Webライターになるのに必要なスキルは何ですか?

じゅん

3つの必要なスキルがあります!

Webライターに必要なスキルは3つあります。

最低限Webライターに必要なスキル

最低限この3つができるのであれば、Webライターを始めることができます。

もちろんWebライターを長くやって稼いでいくには、3つ以外にも多くのスキルが必要ですが、ここでは、まず

最低限Webライターを始めるのに必要なスキル

を紹介します。

理由を簡単に次で説明します。

Webライターを始めるのに必要な最低限のスキルは3つ

1.最低限の文章力がある

アツシ

文章を書くのが苦手です

じゅん

苦手でも最低限の文章力があればOKです

Webライターをやるのであれば最低限の文章力は必要です。

でも最低限の文章力って、どの程度かわかりづらいですよね。

https://twitter.com/junichi_aikawa/status/1340895157365829633

上記を心がけて書ければOKです。

ちょっと「意味がわからないな」とか「難しそうだな」と思った人は、少しライティングについて勉強をしてから、Webライターに挑むと良いでしょう。

あたりを読めば大丈夫ですね。

ぼくも上記3冊を読みながらWebライターを始めました。

自信がなければ、ライティング関連の本を数冊読んでからWebライターを始める

2.パソコンが使える

アツシ

パソコンくらい使えますよ

じゅん

パソコンが使えればOKですね!

Webライターとして、しっかりと数万円単位で稼ぎたいのであれば、パソコンを使う必要があります。

中には、パソコンを使わないとできない案件もあります。

とはいえ、ちょっとしたソフトをインストールしたり、写真を貼り付ける作業だったりと、それほど高度なことは求められませんので安心してください。

最低限パソコンが使えれば、Webライターとして問題ないでしょう。

Webライターは最低限パソコンを使えればOK

3.ググれる

アツシ

Google検索くらいできますよ

じゅん

何でもググる癖があるといいですね!

Webライターにとって文章を書くのと同じくらい大事なのがググれることです。

Webライターは、記事を書くのと同じくらい、記事を調べるのに時間を使います。

しっかりとキーワードを調査、周辺情報の収集やライバルサイトの確認など、全てGoogleで行います。

ググるのが普段から癖で、好きな人でWebライターの仕事に向いていると言えますね!

ググる力はWebライターをやるのに役立つ

Webライターに必要なモノ3つ【最低限そろえたい】

アツシ

スキルはわかりましたけど、道具は何が必要ですか?

じゅん

それも最低限必要なモノを教えますね!

Webライターを始めるのに何が必要かわかりますか?

ここでは、最低限Webライターに必要なモノを3つ紹介します。

https://twitter.com/junichi_aikawa/status/1340950877478121473
最低限Webライターに必要なモノ3つ

この3つさえあれば、とりあえずWebライターを始めることはできます。

多くの人は、この3つを既に持っていますよね?

持っていない人でも、パソコンとネットだけなので、そんなに高くないです。

最低限Webライターに必要なモノ3つだけ

1.パソコン

アツシ

パソコンは持っていますが古いですね

じゅん

高性能パソコンは必要ないですよ!

Webライターをやるのであれば、最低限パソコンは欲しいところです。

ただし、プログラミングや動画編集をやるわけではないので、高性能パソコンは必要ありません。

4~5万円程度で、Webライターとして使うのには十分な性能のPCを新品で手に入れられます。

https://twitter.com/junichi_aikawa/status/1340956261278314498

最近は「スマホだけでもできる」などと宣伝しているところもありますが、おすすめしません。

やってみるとわかりますが、スマホやタブレットでWebライターの仕事をやると非常に効率が悪いです。

バイト感覚でスキマ時間にアンケートや口コミを書くだけなら、それもいいですが、

継続してWebライターとしてやっていくならパソコンを買いましょう。

「4~5万が高い!」という場合は、中古を探すのもありです。

ただ、Webライターを始めれば月3~5万円はすぐに稼げますので、初期投資としてパソコンを買ってしまうのがおすすめ!

Webライターをやるならパソコンは手に入れるべき

2.ネット環境

アツシ

ネット環境なくても大丈夫ですか?

じゅん

Webライターをやるならネット環境は必須です!

Webライターをやるのであれば、ネット環境は必須です。

ネット環境がないと、正直Webライターをやっていくのは厳しいです。

スマホのテザリング、モバイルWi-Fiや光回線、なんでもいいので契約しておきましょう。

特にクライアントに書類を提出するときは、クラウド上にアップしたりすることも多いです。

カフェなどネット環境があるところに行くのもありですが、そこをケチるくらいなら、その時間を使って稼ぎましょう。

ネット環境は絶対にあった方がいいです。

Webライターをやるならネット環境は必須

3.銀行口座は楽天銀行

アツシ

銀行口座はもちろん持ってますよ

じゅん

できれば楽天銀行がいいですね!

通常、Webライターとしての報酬は、銀行口座へ振り込んでもらうことになります。

なので銀行口座は必ず必要です。

そして銀行口座は楽天銀行がベスト

理由は、Webライター初心者に必須のクラウドソーシングサイト大手2社、ランサーズとクラウドワークスの報酬振込手数料です。

なんと2社とも楽天銀行だと100円、他の銀行は500円!

無料で開設できますので、楽天銀行に口座を持っていない人は、Webライターを始めるときに一緒に作ってしまうことをおすすめします。

クラウドソーシングでWebライターをやるなら楽天銀行がお得

Webライターは誰でもなれるってホント?【向いている人の特徴7つを解説】まとめ

アツシ

自分でもWebライターになれることがわかりました!

じゅん

頑張ってください!

本記事では、「Webライターは誰でもなれるのか?」について解説をしてきました。

重要なポイントをおさらいすると下記のとおりです。

  • Webライターは誰でもなれる
  • 7つの特徴に当てはまればWebライターはおすすめ
  • Webライターを始めるのに必要なスキルやモノは少ない

副業Webライターじゅんからの宿題

宿題
じゅん

せっかくこの記事をここまで読んでくれた人に忘れないように宿題を出します‼

  • Webライターに向いている人の7つの特徴を再確認する
  • Webライターに必要な3つのスキルを勉強する
  • パソコン、ネット環境と楽天講座を準備する

コロナの影響もあり、収入減を副業でカバーしようする人、余った時間を有効活用しようと副業をする人が増えています。

その中でWebライターは始めるハードルが低く、すぐに稼げるおすすめの副業です。

向き不向きはありますが、リスクはないので、ぼくは、まずは始めてみることをおすすめします!

じゅん

Webライターなど、副業をやると違った景色が見えますよ!

本記事は以上ですが、今後もWebライティングに迷った時は、当ブログ「Webライターの地図」を思い出してくれるとうれしいです。

それでは素敵なWebライターライフをお過ごしください‼

当サイト使用テーマ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
じゅん
副業Webライター×ブロガー
副業Webライター & ブロガー | 初月で収益3万円超え | 最高月収7万円 | 全研ライターステーション所属、某インフルエンサーのブログ記事ライティング | 認定ランサー |

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる