MENU
副業Webライターに役立つノウハウを実践して発信!!

【知らないと損します】Webライター初心者こそブログをやるべき8個の理由

アツシ

Webライターとブログ両方やると大変ですよね?

じゅん

作業量が2倍になるから大変ですよね

アツシ

とりあえずブログは後回しにしよう

じゅん

待ってください!Webライターがブログをやるメリットはたくさんありますよ‼

  • Webライターを始めたけどブログもやった方がいいの?
  • 初心者Webライターがブログをやるメリットを知りたい
  • Webライター初心者がブログをやるときの注意点を教えてほしい
  • ライティング案件とブログ執筆のどっちに力を入れるべき?

こんな悩みを解決します。

本記事の内容

  • Webライター初心者こそブログをやるべき!
  • ブログとWebライターは最高に相性がいい5つの理由
  • Webライター初心者がブログをやるときに気をつけるべきこと3つ
  • ライティング案件とブログ執筆のどっちに力を入れるべきか

本記事では「Webライター初心者こそブログをやるべき理由」を紹介します。

読み終えれば、Webライターとしてブログをやるべきか判断できるようになります

記事は5分程度で読めますよ。

ブログ固定プロフィール2

じゅんのTwitter

この記事は副業Webライターとして最高月収12万円を達成したぼくが

Webライター初心者こそブログをやるべき理由」について解説します。

「いいから早くブログを簡単に立ち上げる方法を教えて!」という人は以下の記事を読むと画像をみながら簡単にブログを立ち上げられます。

12月9日まで「利用料金最大25%OFF&ドメイン代永久無料!」のお得なキャンペーン中/

目次

Webライター初心者はブログをやった方がいいの?【結論】メリットだらけなのでやるべき!

アツシ

Webライター初心者はブログもやった方がいいですか?

じゅん

Webライター初心者こそブログを書くべきです‼

結論から言いますと、Webライター初心者こそブログを書くべきです。

Webライターがブログを書くべき理由は大きくわけて2つあります。

1つ目の理由はWebライターとしての仕事に役立つから。

2つ目の理由はブログとWebライターの仕事は相性がいいからです。

まずは1つ目の理由について詳しく解説しますね!

1. ブログはWebライター初心者にとって名刺代わりになる

アツシ

なんでブログを書くべきなんですか?

じゅん

ブログが名刺代わりになるからです

ブログはWebライター初心者にとって名刺代わりになります

ブログを持っていると、クライアントがあなたのライティングを確認することができます。

「ぼくは〇〇というものです」とただ言う人よりも、「ぼくは〇〇というものです」と名刺(ブログ)を渡した方が信頼感がアップしますよね?

プロフィールではなんとでも書けますが、ブログを継続するのが難しいのはみんな知っています。

「ブログをやる人=文章を書く気がある人=Webライティングの案件を任せてもいい人」、になるのです。

なのでWebライター初心者は特にブログをやりましょう。

ブログを持っている人は持っていない人より信頼がアップする

2. クライアントは文章力がわからない初心者Webライターに仕事は依頼しない

アツシ

クライアントはそこまで気にしますか?

じゅん

ぼくが依頼する立場なら気にしますね

クライアントは文章力がわからない初心者Webライターに仕事は依頼をしません。

実力が不明の人にお金を払って案件の依頼をするのは、リスクが高すぎるからです。

ぼくもクライアントの立場で、プロフィールに書いてある”実績”を信用して発注をしたことがありますが失敗しました。

長期で案件を依頼したかったので、ペルソナ設定、記事の骨子や執筆内容など丁寧に時間をかけて伝えたのですが、「私の実力不足で書けません」と案件自体を途中でぶん投げられてしまいました。

お金はかかりませんでしたが、それに費やした労力や時間が戻ってきません。

ぼくはこれにこりて、実績がわからない人とか、ブログを書いていない人には案件を依頼しないことにしています。

クライアントは文章力が不明な人に案件を依頼するのはリスク大と考える

3. ポートフォリオ必須のライティング案件がある

アツシ

ポートフォリオは必須ではないですよね?

じゅん

必要な案件もありますよ

クラウドソーシングのライティング案件には、ポートフォリオが必須のライティング案件がありますので、ブログを持っていると有利です。

ポートフォリオは過去に執筆した記事などを集めたものですが、ブログでも代替できます。

ぼくがいままでクライアントから、ポートフォリオを求められたのは約50%くらいです。

「ポートフォリオなんてテストライティングするから、いらないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、ないよりはあった方がいいことは確実です。

実際にぼくは数件のクライアントから、「ブログを読んで確認しましたよ」と言われたことがあります。

ポートフォリオとしてのブログを持っていると必ずプラスになります。

ブログを持つと応募できる案件の幅が拡がる

ブログとWebライターが最高に相性がいい5個の理由(どっちもやるべき)

アツシ

なんとなくブログを持つ良さはわかりましたけど。。。

じゅん

まだまだWebライターがブログをやるメリットはありますよ‼

初心者Webライターがブログをやるべき2つ目の理由が、ブログとWebライターは最高に相性がいいからです。

ブロガーもWebライターも同じように、Webで文章を書くので相性がいいです。

相性がいい理由5つを深掘りします。

詳しくは次に解説していきます。

1. ブログは個人の資産になる

アツシ

なんでブログはWebライターと相性がいいんですか?

じゅん

ブログサイトが個人資産になるからです

Webライターの仕事と違ってブログは個人の資産になります。

Webライターの仕事は「労働報酬型」で作業した分だけすぐに報酬を得られます。

一方、ブログは「成果報酬型」で必ずしも作業した分の報酬は得られません。

しかし、ブログはアクセスが集まってくると半自動で収益が発生するので、Webライターの収益を補完してくれます。

ぼくは現在2個のブログサイトを運営していますが、収益は毎月4桁入ってきます。

マナブさんなど凄いブロガーは、月数千万円の稼ぎがあるそうですが、それがブログを持つ価値です。

ブログは成果報酬型だけど半自動で収益が生まれる

2. Webライティングスキルが身につく

アツシ

他にもメリットはありますか?

じゅん

ブログをやるとWebライティングスキルが身につきます

ブログをやるとWebライティングスキルが身につきます。

ブログをやると案件がない日でも毎日ライティングができるので、スキルアップできます。

ぼくも初期のころは、なかなか案件がなかったのでブログを書いてライティングの練習をしていました。

とはいえ「ブログをやらなくても書くことはできる」と言う人もいると思います。

でも

「ライティングスキルを磨くために」

という目的でWordなどに書き続けるのは難しいものです。

それに、どうせ書くならブログを書いて資産になった方が良くないですか?

なので、ぼくはブログでライティングスキルを身につけることをおすすめします。

せっかくならブログでライティングスキルを磨けば一石二鳥

3. SEOやWebマーケティングの知識が得られる

アツシ

わかりました、ブログやります

じゅん

まだまだやった方がいい理由ありますよ‼

ブログをやるとSEOやWebマーケティングの知識が得られます。

ブログを自分でやると、どうやってGoogleで上位表示させるかなどの方法がわかってくるからです。

ぼくもブログを始める前と後では、SEOとマーケティングの知識には天と地の差があります。

そしてSEOライティングやWebマーケティングの知識があるWebライターは、超貴重です!

Webライターで稼いでいくには、それらの知識は必須といっても過言ではありません。

なので、ブログをやってSEOとWebマーケティングの知識をつけましょう。

SEOとWebマーケティングの知識は「稼げるWebライター」には必須

4. ブログ記事を書いてほしいという依頼がある

アツシ

ブログ記事を書く依頼もあるんですか?

じゅん

ブログを書いてほしいクライアントはいっぱいいますよ

Webライターをやっていると、ブログの記事を書いてほしいという依頼があります。

ブログのコンセプトや構成だけ考えて、あとは外注をするクライアントがいるからです。

ぼくも、とあるインフルエンサーのブログ記事を半年ほどお手伝いさせていただきました。

そのときの条件が「自分でもブログサイトを運営していること」でした。

ぼくは当サイト以外にも運営しているブログがありますので、そちらを見せて、案件を受注。

絶対ではないですが、そういった案件の場合、ブログを書いている方が圧倒的に有利なことがわかると思います。

ブログ案件の受注はブログをやっていると超有利

5. WordPressで入稿できると単価アップする

アツシ

無料ブログでもいいですか?

じゅん

WordPressを使って自分でサイトを作った方がいいです

WordPressで入稿できると単価がアップします。

なぜならWordPressを使えると、クライアントがWordPressへアップする手間が減らせるからです。

Webライターへの執筆依頼の多くは、ネットに記事を載せることが目的です。

そして日本で作られているCMS(コンテンツマネージメントシステム)を使ったサイトのなんと83%がWordPressで作られています。

参照:W3Techs

最終的に書いた記事はWordPressでアップされるのであれば

「WordPressで入稿します」

と言えれば、あなたの付加価値が上がるんです。

無料ブログでもWebライターをやるのに役立ちますが、ベストはWordPressと断言します。

WordPressでブログを作ってWebライターとしての報酬をアップしましょう。

WordPressができるとWebライターとしての付加価値が上がる

Webライター初心者がブログをやるときに気をつけるべきこと3つ

アツシ

ブログをやりたい気持ちが高まってきました

じゅん

ブログをやるときの注意点もありますよ

ブログをやるのは、Webライターにとって非常に大きなメリットがあることがわかっていただけたと思います。

しかし、やり方を間違えるとマイナスとなりかねないのでその点を注意しましょう。

注意点は以下の3つ。

せっかくブログを書いても上記の点を意識して書かないとクライアントに逆に悪い印象を与えて、かえって依頼がこなくなります。

詳しくは次に解説します。

ブログは運用を間違えるとマイナスになる

1. ブログは適当に書かない

アツシ

ブログ記事は適当でもないよりいいですよね?

じゅん

適当なら書かない方がマシです

ブログは適当に書かないでください。

適当に書くくらいなら書かない方がマシです。

クライアントはお金を払って、

「ちゃんとした記事を書いてくれるライター」

を探しています。

あなたの適当なブログ記事を見たら、せっかく依頼を検討していたクライアントもやめてしまうでしょう。

「そんなにしっかりと見てるの?」と疑問を持つかもしれませんが、クライアントはしっかりとみています。

一回イメージがついてしまうと次の依頼もこなくなりますので、ブログ記事は適当に書かないように注意してください。

ブログ記事を適当に書くとマイナスイメージになる

2. 忙しくてもブログを継続する

アツシ

Webライターとの掛け持ちは忙しいので、、、

じゅん

忙しくても定期的には更新をしましょう

完全に営業用のブログ (Webライターの案件をとるために書くもの)と割り切って書く場合以外は、忙しくてもブログ継続してください。

更新頻度が低いとクライアントにいい印象を持たれないからです。

たとえば更新が数か月前で全部で数記事しか書いていない場合、「すぐに諦めてしまう」、「ちゃんとやらない」などと思われる可能性があります。

もし継続しての更新に自信がないのであれば、割り切って最初はノウハウ記事を数本だけ書いた、営業用ブログにしてしまうのも手です。

そうではなく、テーマを決めて収益を目指すブログを書く場合は、定期的に更新をしましょう。

コツコツ継続が大事

3. 過激なブログ記事を書くのは避ける

アツシ

記事内容はどんなものでもいいですよね!

じゅん

極端な内容のブログはやめましょう

ブログをWebライターと相乗効果を持たせるために書くのであれば、過激な記事を書くのは避けましょう。

当たり前ですが、過激な記事を書く人はトラブルの原因になる可能性が高いので、クライアントは依頼をしないからです。

ぼくも個人的には以下のようなことをブログに書いている人は「ちょっとどうかな?」と思います。

  • 人に対する誹謗中傷
  • 政治や宗教に関しての極端な思想
  • 差別や偏見のある考え

正直ぼくは一緒に仕事をしたくないですね……

ブログになにを書くのかは個人の自由です。

でも、できれば仕事はお互い気持ちよくやれるよう、信頼される発信を心がけるのがいいですよね!

ブログは外に発信するものなので常識的な記事を執筆する

ライティング案件とブログ執筆のどっちに力を入れるべきか

アツシ

ブロガーとライターどちらに力を入れるべきですか?

じゅん

元も子もないですが人それぞれです

「ライティング案件とブログ執筆のどっちに力を入れるべきですか?」

という質問を先日いただきました。

これは人それぞれなので、答えがありません。

ただし、目標とする収益やスキルを目安に考えることも可能です。

たとえば初心者が短期間でお金を稼ぎたいのであれば「Webライター」の仕事に力を入れるべきです。

また企業案件だと編集者が添削をしてくれるので、SEOやライティングのスキルアップなどはWebライターが近道です。

Webライターとしての稼ぎが増えてきたという人であれば、将来の資産を増やすために「ブログ」に力を入れるのもありでしょう。

それぞれの特徴を把握して今どちらに力を入れるべきか自分に当てはめて考えてみましょう。

ぼくは初心者の頃はWebライティングに80%くらい注力していましたが、現在は50% vs 50%という割合を意識しています。

現在の収益か将来の資産かで力を入れる方を判断する

Webライター初心者はブログをやった方がいいのか?【結論】やるべき!まとめ

アツシ

Webライターはブログをやるべきことがわかりました!

じゅん

そうですね、相乗効果がありますのでぜひおすすめします‼

本記事では、Webライター初心者こそブログをやるべき8個の理由について解説してきました。

重要なポイントをおさらいすると下記のとおりです。

  • ブログをやるとWebライターと相乗効果があるのでやるべき
  • ブログは個人の資産になる
  • Webライターならブログは適当に書かかない

初心者のころにブログとWebライターの両方をやると大変ですが、コツコツやれば必ずWebライターだけやるより成果がでるので、頑張っていきましょう‼

初心者Webライターがブログをやることに関するQ&A

Q&A

初心者Webライターがブログをやることに関して、初心者Webライターのころからブログも同時にやっている僕が回答します。

実際に僕が悩んだり、質問をいただいたものなので、あなたの悩みを解決するヒントになると嬉しいです!

初心者WebライターはWordPressブログと無料ブログどっちでやるべきですか?

最初は書くことに集中できる「note」や「はてなブログ」などでも良いと思います。ただ、続けるのであればWordPressでブログをやるのが断然おすすめです。

WordPressブログの始め方がわかりません。

ブログ立ち上げたいならエックスサーバーのクイックスタート【初心者でも30分、7ステップで簡単】」に簡単な始め方を解説しています。

ブログは本当にWebライターのポートフォリオ代わりになるの?

なります。ポートフォリオの目的はライティング能力を見るためです。なのでブログで実力が見られればクライアントとしては目的を果たせます。NGとか書いていない限り問題ありません。

どんなブログ記事を書いていいかわからない。

興味のあること、得意なことや現在やっていることについて書くといいと思います。僕はWebライターの経験をそのままブログ記事にしていますのでネタに困りません!

クラウドソーシングでどうやってクライアントにブログを見てもらうんですか?

僕はポートフォリオ欄やプロフィール欄にブログ名とURLを貼り付けています。それと提案するときにもURLを貼って見てもらえるようにしています。なんどもクライアントからブログに関する感想をもらってますよ!

「初心者Webライターがブログをやるべき理由」についてじゅんからの宿題

宿題
じゅん

せっかくこの記事をここまで読んでくれた人に忘れないように宿題を出します‼

  • ブログを開設していないなら始める
  • Webライターがブログをやるべき理由をおさらいする
  • ブログをやるときに気をつけるべきこと3つを確認する

ブログの開設がわからない人は以下の記事でわかりやすく解説しています。

今後もWebライターのことで迷った時は当ブログ「Webライターの地図」を思い出してくれるとうれしいです。

それでは素敵なWebライターライフをお過ごしください‼

当サイト使用テーマ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
じゅん
副業Webライター×ブロガー
副業Webライター & ブロガー | 初月で収益3万円超え | 最高月収7万円 | 全研ライターステーション所属、某インフルエンサーのブログ記事ライティング | 認定ランサー |

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる