副業Webライターに役立つノウハウを実践して発信!!

【もう悩まない】誰でも無理なくWebライティングが上達する練習方法!

アツシ

Webライティングの練習方法がわかりません

じゅん

何からやればいいかわからないですよね

アツシ

とりあえず写経やってみます

じゅん

もっとやらなければいけないことがあります‼

  • 練習してもWebライティングが上手くならない
  • Webライティングの効果的な練習方法がわからない
  • Webライティングをもっと上達したい

こんな悩みを解決します。

本記事の内容

  • 【悲報】記事設計書を作らないとWebライティングをいくら練習しても上手くなりません
  • 誰でも無理なく続けられるWebライティングの練習方法5選!
  • Webライティング初心者を抜け出す5つの上達方法

本記事では「誰でも無理なくWebライティングが上達する練習方法!」を紹介します。

読み終えれば、Webライティング上達のコツがわかり、稼げるようになります。

じゅんのプロフィール
じゅんのTwitter

この記事は副業Webライターとして月収5万円を稼いでいるぼくが「誰でも無理なくWebライティングが上達する練習方法」について書いていきます。

目次

練習してもWebライティングが上手くならない7つの理由

アツシ

練習してもライティングが上手くならないんです

じゅん

スタートを間違えているのかも…

頑張って練習をしているのに、

「なかなかWebライティングが上手くならない」、

そんな人は練習方法が間違っているのかもしれません。

たとえば、上記に当てはまるとWebライティングは上達しません。

この記事では、

練習してもWebライティングが上手くならない7つの理由、

について解説します。

自分に当てはまらないか確認してみてください。

1.記事設計を作らずにライティングをしている

アツシ

練習してもライティングが上手くならないんです

じゅん

記事設計書を作ってますか?

記事設計書(構成や骨子ともいう)を作らないとWebライティングをいくら練習しても上手くなりません。

400字の原稿用紙に感想文を書くならまだしも、3,000文字前後の文章を書くには必ず記事の設計書が必要です。

記事の設計書を作らずに執筆するのは、知らない土地で地図も持たずに目的地に向けて

「とりあえずあっちの方っぽいから歩いて行こう」

と言っているのと同じです。

記事の設計書は、ライティングをしていく上は必須で、迷わないためにある地図のようなもの。

でも記事設計書を作りましょうというと、

  • 「書くのが遅いから記事設計なんか作ってたらもっと遅くなる」
  • 「そんなの面倒だから嫌だ」
  • 「文字単価が低いので割に合わない」
  • 「作ってないライターもいっぱいいる」

と言う人がいます。

断言しますが、記事設計書を作ると

  • 「慣れれば面倒じゃない」
  • 「迷わなくなるので執筆時間が短くなる」
  • 「構成がしっかりしていると読みやすい」
  • 「ライターとしての価値があがる」

など、はっきり言ってメリットしかありません。

ちなみに記事設計書を作るときは、以下の6つのことを意識します。

  • いきなり書いちゃダメ‼
  • 記事のテーマ、キーワードを意識する
  • ライバル調査をする
  • 誰に向かって書くか設定する
  • 読者の抱える悩みを考える
  • 読者に何をして欲しいか決めてから書く

詳しくは次に解説していきます。

面倒に見えるかもしれませんが、慣れれば簡単なので、ぜひ記事設計書を作りましょう!

ライターとしての価値がワンランクアップしますよ!

記事設計書は必ず作る

2.いきなり書いている

アツシ

いきなり書いてました

じゅん

それ絶対NGです‼

記事を書くときはいきなり書いちゃダメです‼

いきなり書き始めると方向性が定まっていないので、あっち行ったりこっち行ったりと書いている途中で迷子になります。

ぼくも自分のブログを書き始めたころ同じような経験を何度もしていますが、

  • 最初に書きたかったことがわからなくなったり
  • 結局なにが言いたいかはっきりしない

記事になっていました。

これは文章の書き方を教えない学校の問題なのですが、詳しく書くとキリがないので省きます。

そこらへんも詳しく知りたい人は、以下の書籍が参考になります。

ここではまず、記事はいきなり書いちゃダメ‼ということを覚えてください。

次に順を追ってやるべきことを説明します。

文章はいきなり書いちゃダメ

3.記事のテーマ、キーワードを設定していない

アツシ

何からすればいいですか?

じゅん

テーマやキーワードを意識しましょう

記事を書くときは、まず記事のテーマ、キーワードを設定しましょう。

たとえば、このブログ記事のテーマは、

「誰でも無理なくWebライティングが上達する練習方法」

です。

テーマとは、

「筆者が読者に伝えたいこと」

主題とも言います。

これを決めておかないと記事を書いているうちにブレてしまいます。

次にキーワードです。

Webライティングにおけるキーワードは、

読者がGoogleで検索している文字

のこと。

もしぼくのSEOライティングが成功していれば、あなたは

「Webライティング 練習」

という文字をGoogleで検索をして、この記事にたどり着いているはずです。

SEOライティングについて書くと、もう1記事書けてしまうので、ここでは省きますが、

記事のテーマとともに

「Webライティング 練習」

というキーワードを検索してくる人を意識して記事を書くのが大事です。

テーマとキーワードを設定すると記事がブレない

4.ライバル調査をしてライティングをしていない

アツシ

ライバル調査ってなんですか?

じゅん

似た記事を書いている人を調査することです

Webライティングではライバル調査は非常に大事です。

ライバル調査をするとしないでは、記事に雲泥の差がでます。

やり方は簡単で、上記で説明したキーワードを使ってGoogle検索をして出てきた上位記事を分析するだけ。

ぼくの場合は、記事を書くときに上位10記事を必ず確認します。

たとえば、本記事を書くときは「Webライティング 練習」でググって上位10記事について、

  • 記事を読む
  • 見出しを抽出する
  • 記事が想定している悩みを分析する
  • 記事を読む価値を確認する
  • タイトルから記事の意図を汲む
  • URL内のキーワードの有無を確認する

などしました。

見出しの抽出は目次をコピーするか、ラッコツールズの見出し(hタグ)抽出を使うと簡単です。

対象サイトのURLをコピペすれば見出しを自動で抽出してくれます。

「記事が想定している悩み」や「記事を読む価値」については、多くの場合は冒頭に書かれていることが多いのでそれもチェック。

ぼくの場合は上記のように、さらにわかりやすく記載しています。

タイトルは、記事で伝えたいことの要約、またキーワードも含まれているので参考にします。

URLは、SEOを意識している記事の場合、キーワードを含める人が多いので、念のため確認します。

「https://web-writer.org/web-writing-practice

たとえば、この記事でいうと最後の部分に、記事で想定しているキーワード「Webライティング 練習」英語にして含めています。

上記のようなテクニックなども大事なのですが、1番大事なのは、

自分の差別化ポイントはどこになるか?

を確認することです。

簡単に言うと、

ライバル記事が書いていないことで自分が書けること

を見つけること。

これが見つかればライバル調査は成功。

同じような記事を書いていては先行者に勝てないですし、SEO上も良くないです。

基本は抑えつつ、必ずオリジナリティを入れるようにしましょう。

ライバル調査は自分の独自性を見つけるためにする

5.誰に向かって書くか漠然と設定している

アツシ

多くの人に読んでもらいたいです

じゅん

それじゃダメです

Webライティングでは、必ず誰に向かって書くか設定してください。

「40代男性に向かって書きます」

というレベルでは

漠然とし過ぎていて、

誰にも刺さらないどころか、

想定している40代男性にすら刺さらない記事

になってしまいます。

誰に向かって書くかというのは、以下のレベルまで落とし込むことです。

  • 名前:長谷川 敦(男)
  • 年齢:37歳
  • 職業:サラリーマン(営業職)
  • 収入:年収300万、ボーナス夏冬(会社と個人業績による)
  • 家族構成:妻と子供の3人暮らし
  • 学歴:大卒
  • 住所:東京都北区在住
  • 趣味:お酒、パチスロ、読書、銭湯
  • 関心・興味:お金、副業、簡単に稼ぐ方法
  • 生活リズム:平日は6時半起床、24時ころ就寝、土日は10時頃まで寝ている

上記の他にライフスタイル、人生観、悩み、この記事のキーワードの検索意図まで設定します。

これを、

ペルソナ設定

と言います。

ここまでターゲットを明確にしてペルソナ設定をしないと、刺さる記事は書けません。

「そんなの面倒!」

とか、

「やる気がしない!」

という声が聞こえてきそうですね。

大丈夫です、簡単な方法があります。

ペルソナ設定が難しいとか面倒な場合は、

実際にいる友人

もしくは

過去の自分

を想定して記事を書いてください。

誰に向かって書くかを設定して書くだけであなたの記事は格段に生き生きとして刺さる記事になります。

騙されたと思って試してみてください。

ペルソナ設定をする

6.読者の抱える悩みに寄り添ってライティングできていない

アツシ

何を書いていいのかわかりません

じゅん

読者の抱える悩みに寄り添いましょう

Webライティングをするときは、読者の抱える悩みを考えましょう。

あなたの記事の読者は何かしらの悩みがあり、それを解決したくて記事を読んでいます。

その読者の抱える悩みを解決する記事を書きましょう。

悩みがわからない場合は、先ほど説明したライバルサイトの確認やキーワードが役に立つはずです。

この記事では先ほど

「Webライティング 練習」

がキーワードと説明しましたが、そこから想定される悩みをぼくは、

  • 練習してもWebライティングが上手くならない
  • Webライティングの効果的な練習方法がわからない
  • Webライティングをもっと上達したい

と考えました。

なので、その悩みを解決するためのぼくなりの方法を記事にしています。

また、ここで先ほど設定したペルソナが役に立ちます。

適当な40代男性の悩みではなく、

自分が設定したペルソナならではの悩み

を考えて書くようにします。

サラリーマンとフリーランスの人、副業でライティングをしている人と本業では悩みが違うはずです。

想定している読者(ペルソナ)の悩みを解決する記事を書く

7.読者に何をして欲しいか決めて書いていない

アツシ

別に読者にして欲しいことはありません

じゅん

ゴールを決めておくと書くのが楽ですよ!

読者に何をして欲しいか決めてから書くと執筆が楽になります。

読者の悩みを解決して、そのあと何をして欲しいかというゴールを設定することで、迷ったときに何を書けばいいか、どの方向に向かっていけばいいかが常に見えるからです。

何度も例を出しますが、この記事では「Webライティング 練習」について

  • 練習してもWebライティングが上手くならない
  • Webライティングの効果的な練習方法がわからない
  • Webライティングをもっと上達したい

という悩みを持った人に、

誰でも無理なく続けられるWebライティングの練習方法を実践して欲しい

と決めて書いています。

読者に何をして欲しいかというゴールを設定して書く

誰でも無理なく続けられるWebライティングの練習方法5選!

アツシ

具体的には何をやればいいですか?

じゅん

ぼくが実践している練習方法を紹介します

なんでWebライティングが上達しないかはなんとなくわかったけど、

具体的にはどうすればいいの?

という疑問がわくと思いますので、ここでは、

誰でも無理なく続けられるWebライティングの練習方法5選!

を紹介します。

実際にぼくも実践している方法です!

1.毎日ブログを書いて練習する

アツシ

何からすればいいですか?

じゅん

毎日のWebライティングがおすすめ

当たり前ですが文章は書かないと上達しません。

そして毎日書くことが大事です。

ライティングは知識ではなく、

「慣れが必要なスキル」

だからです。

「英語は毎日接するのが大事」と聞いたことありませんか?

ライティングも一緒です。

副業Webライターをやっていると、必ずしもライティング案件が毎日あるとは限らないと思います。

そこでブログがおすすめ!

ぼくはスパルタは嫌いなので、

「3,000文字以上の記事をを毎日アップ」

とは言いませんので、

”毎日書く”

だけは意識しましょう。

慣れてくるとぼくみたいに書かないと気持ち悪くなってきますよ(汗)

ライティングは毎日書くことが大事

2.1日おいてライティングを見直す

アツシ

文章は書きっぱなしです

じゅん

1日以上おいてから、見直す癖をつけましょう

書いた文章を1日おいて見直すのが大事です。

1日おいてから見直すと誤字脱字を見つけられるのはもちろん、時間が空いたことで自分の文章を客観的に読むことができます。

そうすると、

文章構成がおかしい、

独りよがりの記事になっている

とか、

一文が長すぎる

など、手直しが必要な部分が見えてきます。

毎日書いているブログを翌日に見直すのがベストですが、できない場合は週末にまとめてやるのもおすすめです。

時間をおくことで自分の文章を客観視できる

3.誰かに読んでもらって意見を聴く

アツシ

恥ずかしいので家族には見せたくないです

じゅん

1番おすすめの方法です!

書いた文章を誰かに読んでもらって意見を聴くのは凄くおすすめ!

短く書いているつもりでも、

人によっては長く感じたり、

漢字が多いとか、

改行が少なくて読みづらいとか、

自分ではわからない部分が人に聴くとわかるから。

家族や友人に見せるのは、恥ずかしいという人もいると思いますが、乗り越えましょう。

「書いている記事がニッチだから」

という人がいましたが、余計に見てもらった方がいいです。

論文や専門サイトなど、よっぽど専門的な内容を求める記事でもない限り、

Webライティングでは素人でもわかる文章を心がけるべきです。

「わかる人にわかればいい」

という人の記事は、だいたいその

「わかる人にもわからない記事」

になっています。

なので、誰にでもわかりやすく理解してもらえる文章になっているか、読んでもらって確認しましょう。

人に読んでもらって読みやすい文章になっているか確認

4.Twitterでライティングの練習をする

アツシ

Twitterが何か関係あります?

じゅん

Twitterはライティングの練習になります

Twitterで発信をすると文章力が上がります。

Twitterでツイートできる文字数は140文字がMAXですが、この長さが秀逸です。

140文字という文字数は、人に何かを伝えるのに必ずしも十分でないと感じるでしょう。

そこで無駄を省いたり、言葉を言い換えたりと140文字で伝えるための努力をすることで、あなたの文章は洗練されていきます。

特におすすめなのは、まず自分が

「これは伝えたい!」

と思ったことを、まずは文章にすること。

じゅん

伝えたい思いが強いものを選ぶといいです

熱い思いがあるとどうしても140文字を超えますが、それでも気にせずに書き続けます。

書き終わったら、無駄を削り、文字を短縮するなど140文字以内になるように工夫します。

騙されたと思って、これを1日2~3ツイートでいいので、2~3ヶ月続けてみてください。

知らない間にあなたの文章力は飛躍的に伸びているはずです。

ちなみにクラウドソーシング案件の中には、文章を要約するテストライティングなどもあり、ぼくも課題としてやったことがあります。

要約力=文章力

でもあるのです。

Twitterで文章の要約力を磨く

5.記事設計書をなんども作って練習をする

アツシ

記事設計って面倒ですよね

じゅん

ライターには必須のスキルです

記事設計はライターには必須のスキルですので、なんども作ることをおすすめします。

クライアントによって、記事設計、骨子作成とか記事構成など呼び名は変わりますが、一緒のものを指します。

設計もせずに家をいきなり建て始めないのと同じで、記事も設計図なしで書くと失敗をします。

「記事設計をしていないWebライターもいる!」

という人もいますが、それはそのWebライターが紙やExcelにしていないだけで、頭の中に設計図が入っているだけのベテランなだけです。

断言します

記事設計をしない人はWebライティングは上手くなりません。

なんども記事設計書を作る練習をしましょう。

記事設計はWebライティングの肝

Webライティング初心者を抜け出す3つの上達方法

アツシ

なかなか上達しません

じゅん

初心者を抜け出す方法を教えます!

「案件をこなしているけど、ともに上達しない」

「いつまでたっても初心者レベルのライティングしかできない」

そんな人にWebライティング初心者を抜け出す3つの上達方法を紹介します。

全部を同時にこなすのは難しいと思うので、あなたができそうなものから選んで1つ1つ習得していくのがおすすめです。

ぼくも実際、この方法を取り入れています!

1.目指す人のブログの記事構成を盗む

アツシ

人のをパクるのは…

じゅん

記事の構成を盗むのはOKです

もしあなたが好きなブロガーやWebライターがいるのであれば話は早いです。

その人の

記事構成をパクりましょう!

せっかく見本があるので積極的に取り入れましょう。

「誰のが記事いいかわからない」

という人は、ぼくの記事でもいいですよ!(笑)

記事構成には結構力を入れていますので。

それでは具体的に、

どうやって記事構成を盗むか

を説明します。

1番簡単な方法は以下の点を確認することです。

  • タイトル
  • h2やh3見出し
  • 想定している読者の悩み
  • 記事を読む価値
  • 記事の根拠や信頼性

タイトルと見出し

まずはタイトルとh2とh3見出しを書き出して眺めるところから始めましょう。

見出しは目次を確認すればOK。

目次がわからない場合はラッコツールズでも見出しは簡単に抜き出せます。

見出しを抜き出して眺めると記事全体の構成が見えてくるはずです。

読者の悩みと記事を読む価値

次に他も確認していきます。

「想定している読者の悩み」「記事を読む価値」は冒頭に書かれていることが多いです。

ぼくも次のように最初に書いています。

上段、緑の枠内が

「想定している読者の悩み」

下段、青の枠内に記事の内容、そして最後の一文

「読み終えれば、無理なくWebライティングが上達して稼げるようになれます」

が、「記事を読む価値」です。

記事の根拠や信頼

そして「記事の根拠や信頼性」はぼくの自己紹介の部分などになります。

ポートフォリオ用アイキャッチトップ画面

これはなにもぼくの実績を自慢しているわけではなく、

  • 「この記事を書く資格があるんですよ」
  • 「こういうことをやっているので説得力ありますよね?」
  • 「自分の実体験ですよ」

とアピールすることで、読者に

「この人が言っているなら根拠があるかも」

とか

「実際に経験しているなら信頼できそう」

などと思ってもらうためのものです。

じゅん

記事の構成を盗む方法がなんとなくわかりましたか?

ネット上には教材となる記事や文章があふれています。

ぜひどんどん「パクって」いきましょう!

目標とする人の記事構成を盗むとレベルアップできる

2.漢字とひらがなの比率を意識する

アツシ

そんなの意識したことありません

じゅん

気持ちひらがな多めな感じです

Webライティングが上達するとは、読者にとって読みやすい文章を書けるようになることです。

読みやすい文章は漢字が3割、ひらがな7割が黄金比。

いちいち確認するのもたいへんなので、コツは

気持ちひらがなが多いかな?

と思うくらいとぼくは考えています。

常用漢字はひらがなで書くといいと言われますが、

「常用漢字??」

ってなりますよね。

ぼくもです…

Webで書くと自動変換なので、ついつい漢字が多くなりがちなので、まずは「ひらがなを多くする」と意識すればOK。

あまり難しく考えず、「自分で書くことのできない漢字を無理して書かない」などと心がければいい感じになると思います。

自分の文章の漢字比率が気になる方は「漢字使用率チェッカー」というサイトで簡単に確認できます。

ちなみにこの見出しの文章の漢字使用比率は28.73%と適正値でした。

かっこつけて漢字を多く使わない

3.メモを活用して常に見直す

アツシ

コツが多すぎて覚えきれません

じゅん

メモを活用しましょう!

Webライティングで気をつけることは、数多くあります。

Webライター初心者には、それら全て気をつけてライティングをすることは不可能です。

そこで原始的な方法ですが、1番効果があるのがメモを活用する方法。

たとえばPREP法を習ったら、PREP法について書いたメモをPC画面の近くに貼り付けておき、いつでも見られるようにしておく。

これだけで、コツを意識しながらWebライティングの練習ができます。

ぼくは上の写真のようにコルクボードをPCの横において無数のメモを貼り付けて、いつでもチェックできるようにしています。

これらのメモを見ながら、文章を書くだけで全然違います。

この記事をここまで読んでくれて

「自分のライティングをなんとかしたい!」

と思っている方は既にライティングの勉強はされていると思いますので、あとはやり方。

地味ですが1番おすすめのライティング上達法なので、ぜひ、騙されたと思って取り入れてみてください。

効果に驚くはずです。

メモを見ながら実践が最強の上達法

【もう悩まない】誰でも無理なくWebライティングが上達する練習方法!まとめ

アツシ

しっかり練習します!

じゅん

ポイントを抑えて効率的に練習しましょう!

本記事では、誰でも無理なくWebライティングが上達するの練習方法について解説してきました。

重要なポイントをおさらいすると下記のとおりです。

  • いきなり書いてもライティングは上達しない
  • ライティングは毎日する
  • 目指す人の文章をマネする

Webライティングが上達するの練習方法についてじゅんからの宿題

宿題
じゅん

せっかくこの記事をここまで読んでくれた人に忘れないように宿題を出します‼

  • 自分のライティングが上手くならない理由を確認する
  • 今日から毎日ライティングをする
  • 目指す人を決める
じゅん

ここまで読んでくれてありがとうございました‼

もう一度記事を見返したい人は以下から飛べます。

ライティングに迷った時は当ブログ「Webライターの地図」を思い出してくれるとうれしいです。

あなたに方向を指し示せる地図のような存在になれるよう更新を頑張っていきます。

それでは素敵なWebライターライフをお過ごしください‼

当サイト使用テーマ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
じゅん
副業Webライター×ブロガー
副業Webライター & ブロガー | 初月で収益3万円超え | 最高月収7万円 | 全研ライターステーション所属、某インフルエンサーのブログ記事ライティング | 認定ランサー |

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる