仮想通貨がはじめての人にもわかりやすいをモットーに発信!!

【Xinobi (シノビ)とは?】CNP独自NFTマーケットプレイスを使うメリット・デメリット

Ninja
アツシ

Xinobiってなんですか?

じゅん

NFT用の新しいマーケットプレイスですね

アツシ

Openseaと何が違うの?

じゅん

ロイヤリティに対する考え方が違います

  • Xinobiってなに?
  • Openseaと何が違うの?
  • Xinobiを使うデメリットを教えて欲しい

こんな悩みを解決します。

本記事の内容

  • Xinobiとは
  • XinobiとOpenseaの違い
  • Xinobiを使うデメリット

本記事では「Xinobi」について紹介します。

読み終えれば、日本のNFTマーケットプレイスの今後について知ることができます。

※本記事はNFT初心者向けの記事ではありません。

わかりやすく記事を書きますが、NFTを買ったことがない方にとっては、意味がわからない記事になると思います。

「Openseaってなに?」、「NFTってどうやって買うの?」、そんな疑問がある方は、以下の記事をお読みください。

記事の信頼性

仮想通貨の投資歴、2017年から約5年。

仮想通貨の資産運用8桁。(現在は7桁)

脱サラして農業で独立する資金を仮想通貨投資や副業で貯めました。

2022年2月にNFTを購入。その後、CNPホルダーとなりNFTにハマる。

目次

NFT独自マーケットプレイスXinobi (シノビ) とは?

アツシ

Xinobiについてざっくり教えてください

じゅん

Xinobiの概要を解説しますね

Xinobiとは、NFT「Crypto Ninja Partners (CNP)」のファウンダー、Roadさんのチームが開発中の独自マーケットプレイス※です。

※NFTの売買ができる楽天市場のようなもの

正式名称Xinobi (シノビ)
リリース日2023年中(前半?)
取引手数料未定(1~2%程度)
公式サイト未定
執筆時の情報 (2022年11月10日)

NFTマーケットプレイスではOpenseaが圧倒的に有名ですが、それ以外にもblurとかLooksRareなど、実は他にもたくさんのマーケットプレイスがあります。

でも、XinobiはそんなたくさんあるNFTマーケットプレイスと比べても一線を画す、新しいシステムを導入する予定です。

以下にXinobiの他のマーケットプレイスとは違う、大きな特徴を3つ解説しますね。

Xinobiの特徴3つ

Xinobiの大きな特徴は3つ。

Xinobiの特徴
  1. クリエイターへのロイヤリティを継続する方針
  2. アフィリエイトが可能
  3. ポイント制やNFTのエアドロップ導入

初期はCrypto NinjaシリーズのNFT、「CNP」、「CNPJ」や「VLCNP」を扱うでしょう。

また関係が近しい、「APP」や今後リリースされる「LLAC」もXinobiで取引できるようになる可能性は大です。

まずは、Xinobiの最大の特徴になるであろうロイヤリティについて、その背景も含めてザックリ解説します。

ロイヤリティについて興味ない方は飛ばして、3つの特徴からお読みください。

Openseaロイヤリティ廃止の方向か?

2022年11月、Openseaから衝撃的な発表がありました。

それは現在のNFTマーケットの盛り上がりをけん引してきたロイヤリティ廃止の可能性です。

OpenseaでNFTを売買すると、クリエイターにロイヤリティ収入が0~10%入るというのがNFTの画期的ところ。

例えば、ワンピースが売れたときに作者の尾田栄一郎さんには印税収入が入りますが、その後、ブックオフなどに売られたとき、ブックオフで誰かが買ったときなど、中古本市場での流通に関しては、尾田栄一郎さんには収益は入りません。

でもNFTは違うんです。ロイヤリティを設定することで、NFTが売られたときだけでなく、その後の転売でも収益がクリエイターに入るんです。

だからこそ、CNP、CNPJ、最近ではAPPなどのNFTが初期販売で、クリエイターにほとんど収益が入らない激安価格でリリースができるんです。

しかし短期トレーダーからすると、クリエイターが誰だろうと、その収益がどうなろうと関係ない。

儲かればいいんです。

短期トレーダーにとっては、NFTは作品ではなく、株などと一緒で単なる取引の道具なんです。

なので短期トレーダーとしては、ロイヤリティは余計な出費。

払いたくないんです。

やっかいなことに、この短期トレーダーには大きな力があります。また、短期トレーダーがいるからマーケットが発展し、価格が上がる面があるのも否めません。

そんな流れを受けて海外では、ロイヤリティゼロやロイヤリティあり・なしを選べるマーケットプレイスが台頭、Openseaから顧客(特に短期トレーダー)が流出しているんです。

Openseaとしては、短期トレーダーが離れてしまうと、NFTの売買で発生する手数料の収入が大幅に減るので困る。

そこでOpenseaとしても、「ロイヤリティを廃止していく方向に進むよ~※」と発表したわけです。

※11月10日コントラクトに落とし込めばロイヤリティは維持できると発表も方向性は変わらない可能性大

以上、ざっくりとNFTのロイヤリティについて解説させていただきました。

それでは、そんな状況を踏まえて、以下にXinobiの特徴を解説しますね!

1. ロイヤリティあり | クリエイターを守るNFTマーケットプレイス『Xinobi (シノビ』

前置き、長くなりました。

Xinobiは、クリエイターへのロイヤリティを維持します。

「クリエイターの収入源を守る」、それがNinjaDAO発のNFTマーケットプレイス「Xinobi」の方針。

世界的な潮流やOpenseaとは逆の方向性を打ち出しています。

でも長い目でみて、どちらに優秀なクリエイターが集まるでしょうか?

ぼくはXinobiだと思います。

当然ですよね!

それにぼくは、クリエイターにロイヤリティを払うことに文句はありません。

素晴らしい作品を作ってくれているクリエイターに、敬意と感謝を込めてロイヤリティを払いたいと思います。

ロイヤリティが支払われるとき、ぼくはその作品のクリエイターを応援させてもらっているんです。

作品を買うときはだけじゃなく、その後の流通でもクリエイターに収益が入るって画期的じゃないですか?

ゼロからイチを生み出すクリエイター、今まで報われなかった人達や才能に光を当てる可能性がNFTのロイヤリティにはあるんです。

Xinobiはそんなクリエイターを守るNFTマーケットプレイスになるでしょう。

それが日本のNFTを盛り上げ、世界に通じる産業に発展していく大きな力になると信じています。

2. アフィリエイト可能 | ブロガーのインセンティブも設計する『Xinobi (シノビ』

個人的に嬉しいXinobiの特徴の1つはアフィリエイトの導入です。

NFTを広めているのは、SNS、YouTubeやVoicyなどのメディアですが、ブログも大きな存在です。

実際、メタマスクの細かい設定などについては、ブログが1番役立つとぼくは思っています。

そのブロガーに、「Xinobi」あるいは、「CryptoNinja」や「CNP」を宣伝するインセンティブをつけてくれようとしているんです!

イケハヤさんは元々ブロガーですしね。

詳しいシステムは未発表ですが、ブログを経由して新規ユーザーがXinobiで取引をしてくれた場合に報酬が得られるシステムになると思われます。

もしかしたら、ブロガーの登録時、SBT※も使われるかもしれませんね!

※SBT=ソウルバンドトークン

3. ポイント制やNFTのエアドロップ導入

イケハヤさんがVoicyの放送で話していた中で、「面白いな」と思ったのがポイント制の導入です。

Xinobiを使って取引をした人に向けてポイントを付与していくシステムです。

NFT以外では、なにも珍しいことではありません。

楽天市場やAmazonで買い物をするとポイントが貯まるし、リアル店舗でも会員証にハンコを押してもらいますよね?

それのNFTマーケットプライス版です。

Xinobiの場合、ポイントが貯まると特別なNFTがエアドロップされるなんてこともあるかも……

会員証はSBTで発行されて、ポイントによって会員証の色やグレードが変わるなんてこもするんじゃないでしょうか。

XinobiとOpenseaの違いは運営の考え方

アツシ

OpenseaとXinobiは何が違うんですか?

じゅん

運営の考え方が違います

NFTの全世界での取引量の8割はOpenseaで行われています。(2022年11月執筆時点)

そんな圧倒的なシェアを持つOpenseaに、なぜあえてXinobiは挑んでいくのでしょうか?

それは運営の考え方の違いだとぼくは思います。

システム上の違いは、上記で解説したXinobiの3つの特徴を見ればわかります。

XinobiとOpenseaの違い
  1. ロイヤリティ
  2. アフィリエイト
  3. ポイント制
  4. その他

Openseaには、ロイヤリティは、現状まだ維持していますが、アフィリエイトとポイント制はありません。

でも、そこじゃないんです。1番大きな違いは運営の考え方なんです。

Xinobiはそもそも「NinjaDAO」発のプロジェクトなので、そりゃクリエイター側に立った施策を立てますよね。

かつ、NFTを世の中に広めようと、熱い志を持った人たちが集まって作ろうとしているNFTマーケットプレイス。

初心者にも優しくて使いやすい設計になるでしょう。

一方、Openseaはクリエイター側を向いていません。

じゃあ、「ユーザー側を向いているか?」と言われるとぼくはそうとも思いません。

正直、使いづらいし、手数料高いし……

Openseaの今回のロイヤリティ問題で感じたのは、Openseaが向いているのはクリエイターでも、ユーザーでもはなく、「一部のユーザー」に向いているということ。

一部のユーザーとは「短期トレーダー」のことです。

それが、ぼくが思うOpenseaとXinobiの違いですね。

この違いは「考え方」の違いなので、今後も基本的には運営の方針に現れていくでしょう。

ぼくは短期トレーダーではないし、つくりてであるクリエイターを応援したいので「Xinobi」を使っていきます。

Xinobiを使うメリット・デメリット

アツシ

Xinobiを使うデメリットもありますよね?

じゅん

ありますね

いくらXinobiがいいと言っても、名実共に世界トップのOpenseaと比べると、当然、Xinobiを使うメリット・デメリットは出てくると思います。

そこで、Xinobiを使うメリット・デメリットも解説します。

メリット・デメリットについては、忖度なく、客観的な視点から正直に書きますので安心してください。

Openseaを使うのとどちらがいいか、記事を見て判断してみてください。

Xinobiを使うメリット

Xinobiを使うメリットは、Xinobiの特徴でも解説したとおりです。

特徴がそのままXinobiを使うメリットになるんですね!

Xinobiを使うメリット
  1. クリエイターを応援できる
  2. ポイント制でNFTがもらえる?!
  3. アフィリエイトで稼げる
  4. 手数料が低い
  5. トラブル時の対応が日本語でできる

既に特徴で解説したのでおさらいの意味で簡単に。

1. クリエイターを応援できる

Xinobiは明確に「NFTのロイヤリティは維持する」と宣言しています。

ロイヤリティがクリエイターの収入源となり、活動を続けることができるようになるから。

CNPJのファウンダーのうじゅうなさんがいい例ですよね。

うじゅうなさんは、NFTのロイヤリティ収入がなかったら、クリエイター活動に専念することはおろか、活動を続けることもできなかったでしょう。

いや、そもそも専業のクリエイターになろうとも思わず、ダメ営業のまま、サラリーマンを続けていたかもしれません。(うじゅうなさん、すみません)

「#応援させろ」という言葉がトレンド入りしましたが、まさにXinobiを使うことで、クリエイターを応援することができます。

それは応援したい人にとってもメリットじゃないですか?

2. ポイント制でNFTがもらえる?!

Xinobiでは取引をする人にインセンティブを用意しているとのことです。

詳細は未発表ですが、イケハヤさんによると取引をするたびにポイントが貯まり、一定のポイントが貯まると記念NFTがもらえる企画みたいなのも考えているとのこと。

これは単純に嬉しいですよね!

取引所で期間を指定してNFTをロックする(預ける)とポイントが増えやすくなるとかも面白いのでやって欲しいですね~。

3. アフィリエイトで稼げる

個人的に1番嬉しいのは、アフィリエイト。

どういった形になるかは不明ですが、恐らくXinobiを紹介して、そのリンクを経由してXinobiで取引を始める人がいた場合に、報酬が入る仕組みと思われます。

これは他のマーケットプレイスにはないメリットですね。

4. 手数料が低い

Xinobiの手数料はOpensea (2.5%) よりも低く設定されます。

まだ正式な発表はありませんので、詳しい手数料はわかりませんが、恐らく1~1.5%程度になるのでは?

手数料は取引をするたびにマーケットプレイスに徴収されるので、低ければ低いほど嬉しいですよね。

記事を執筆している現在、Openseaに出ているCNPのフロア価格は3.2ETH(約57万円)です。

この価格で誰かに売った場合、手数料2.5%だと14,250円、1%だと5,700円と1つの取引で約9,000円も差がでます。

ちなみに手数料をパーセンテージではなく、固定価格にする可能性もあるのでは?と思っています。

5. トラブル時の対応が日本語でできる

以外と「大きな!」と思っているのが、Xinobiのトラブル対応の言語。

日本人にとって、日本語で対応をしてくれるのは何よりの安心感ですよね。

ただでさえ、詐欺が横行していたり、メタマスク、トランザクション、ガス代など、不慣れな言葉ばかりの世界なのに、トラブルを解決しようとすると英語……

そりゃ、心折れますよ。

でも、Xinobiなら大丈夫。

しかも時差もなし。

日本人ならXinobiを使わない理由がないですね。

少なくともぼくは思いつかないです。

Xinobiを使うデメリット

Xinobiを使うデメリットもいくつか考えられます。

客観的な視点で忖度なく解説しますね。

1. NFT販売時にロイヤリティを取られる

現在Openseaが無くす方向で検討しているロイヤリティ (0~10%で設定可) ですが、これはNFTを手放すときに売る人が、販売価格から引かれる仕組みです。

例えば10%のロイヤリティが設定されているNFTを10,000円で誰かに売った場合、ロイヤリティで1,000円、Openseaの手数料 (2.5%) が250円引かれるので、実際に手に入る金額は8,500円です。

これを特にデメリットと感じるのが短期トレーダー。

短期トレーダーはNFT自体に魅力を感じて購入しているわけではなく、儲かりそうなNFTを買って、高額になったら売って利ザヤを稼いでいるので、このロイヤリティが邪魔でしょうがないんです。

そのロイヤリティを維持するとしているのがXinobiです。

ロイヤリティを支払うのがデメリットと感じる人は、Xinobiには向いていません。

ロイヤリティゼロや選択制のマーケットプレイスは他にもあるので、そんな人は他のところを使ってください。

2. 他のNFTが少ない

Xinobiは、まだ始まってもいないマーケットプレイスです。

スタートしても、しばらくは「CryptoNinja」ファミリーのNFTだけの売買となりそうです。

他にも近しいNFTプロジェクト、例えば「Ao Panda Party (APP) 」や「Live Like A Cat (LLAC)」が取引される可能性は高いですが、Openseaと比べると、取引できるNFTの種類には雲泥の差があります。

これをデメリットと感じる人もいるでしょう。

ちなみにぼくは、Xinobiが成長するまでは、Openseaと併用していこうと考えているので特に問題とは感じておりませんが、2つのマーケットプレイスを併用するのが面倒と感じる人もいるかもしれません。

これはデメリットになりえますね。

ただし、今後Xinobiで取引できるようになるNFTは増えていくので、デメリットは徐々に減っていくでしょう。

3. 新しい

XInobiは執筆時点で、まだスタートもしていないマーケットプレイスです。

どんなところ、例えGoogleだって、MicrosoftのWindowsだって、iPhoneだって最初は不具合が出るもの。

なので、Xinobiもスタート後、しばらくはいろいろな不具合が出ることが予想されます。

これをデメリットとして書くかは迷いましたが(どこでも最初はあるものなので)、忖度しないということで、他のマーケットプレイスと同じ条件で見るとユーザーがデメリットと感じる可能性があると思ったので書きました。

とはいえ、Openseaは未だによくトラブルが起きますが……

Ninja

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次